輸血療法委員会の組織

代表世話人挨拶

このたびは、群馬県合同輸血療法委員会のウェブサイトをご覧いただきありがとうございます。
群馬県合同輸血療法委員会は、県内医療関係者、群馬県赤十字血液センター、行政により構成されたより安全で適正な輸血療法を県内に広げるための委員会であり、群馬県では2006年に発足したものです。
群馬県も全国的な傾向と同様に県民の高齢化が進展し、それに伴い血液需要は高まっています。逆に、献血人口は減少しておりその需給バランスが崩れつつあります。こうした中で医療関係者は、今まで以上に適正でかつ安全な輸血療法を行うことが求められています。そのためには、医療関係者のみならず、群馬県赤十字血液センター及び行政という三者の協力が必要不可欠であることは言うまでもありません。
当委員会の具体的な活動としては、毎年行う各病院への輸血療法に関するアンケート調査を中心に、群馬県における輸血療法の実態、病院間の比較、他県との比較により現状の良い点や改善点の情報交換、さらに講演会活動や輸血療法に関する勉強会を全県レベルで行っております。
今後は、このウェブサイトを通じてリアルタイムに輸血療法関連の情報を提供する事で安全で適正な輸血療法をさらに進めて行ければと考えております。
なお、講演会、勉強会には医療関係者であればどなたでも参加は可能ですので、輸血医療に興味のある医療関係者はどうぞご参加ください。

群馬県合同輸血療法委員会
代表世話人 横濱 章彦
(群馬大学医学部附属病院 輸血部 部長)


群馬県合同輸血療法委員会要綱

(名称)
第1条 本会は、「群馬県合同輸血療法委員会」と称する。
(目的)
第2条 本会は、群馬県内における安全かつ適正な血液製剤の使用を目指し、もって輸血療法の向上を目的とする。
(構成)
第3条 本会は、次に掲げる者をもって構成する。
  一 県内医療機関の輸血療法委員長、輸血責任医師及び輸血業務担当者
  二 地方自治体の血液行政担当職員
  三 群馬県赤十字血液センター職員
  四 その他必要と認められる者
(役員)
第4条 本会は、役員として代表世話人、世話人を置く。
2 世話人は、主として次に掲げる者とする。
  一 県内主要医療機関の代表者(輸血療法委員長等)
  二 群馬県健康福祉部薬務課長
  三 群馬県赤十字血液センター所長
  四 その他必要と認められる者
3 代表世話人は、世話人の互選により定め、会を代表し、必要に応じ会議を招集し、議長となる。
4 本会運営に必要な助言を得るため、世話人の推薦により顧問を置くことができる。
(事業)
第5条 本会は、第2条の目的を達成するため、次に掲げる事業を行う。
  一 世話人会の開催(年1回以上)
  二 群馬県合同輸血療法委員会の開催(年1回以上)
  三 その他必要な事業
2 代表世話人は、意見等を聞くために必要があると認められるときは、第3条に定める者のほか、必要な者を会議に出席させることができる。
(研究班の設置)
第6条 本会は、血液製剤使用適正化に関する調査研究のため、研究班を置くことができる。
2 研究班の班員は、代表世話人が指名する。
(事務局)
第7条 本会の事務局は、群馬県赤十字血液センターに置く。
(その他)
第8条 本要綱に定めるもののほか、必要な事項は世話人会において協議する。

附則
この要綱は、平成18年9月22日から施行する。
附則
この要綱は、平成19年11月1日から施行する。
附則
この要綱は、平成26年9月10日から施行する。


群馬県合同輸血療法委員会 世話人

(2014年9月10日現在)

役員の別

所属(医療機関等)

氏名

職名

顧問

群馬大学医学部附属病院

代表世話人

群馬大学医学部附属病院

世話人

群馬県立心臓血管センター

世話人

済生会前橋病院

世話人

地域医療機能推進機構 群馬中央病院

世話人

前橋赤十字病院

世話人

国立病院機構 高崎総合医療センター

世話人

桐生厚生総合病院

世話人

伊勢崎佐波医師会病院

世話人

伊勢崎市民病院

世話人

群馬県立がんセンター

世話人

富士重工業健康保険組合 太田記念病院

世話人

利根中央病院

世話人

館林厚生病院

世話人

群馬県立小児医療センター

世話人

国立病院機構 西群馬病院

世話人

公立藤岡総合病院

世話人

公立富岡総合病院

世話人

公立碓氷病院

世話人

原町赤十字病院

世話人

群馬県医師会

世話人

群馬県健康福祉部 薬務課

世話人

群馬県赤十字血液センター

(順不同)